【定点観測】ワイモバイルのアドバンスモードは本当に速い?標準モードと速度比較

アドバンスモード ワイモバイルの高速通信モードであるアドバンスモード。

「AXGP」と呼ばれるアドバンスモードは2.5GHz帯を使った通信方式(ライバルのWiMAX2+と同じ)で、より帯域が広くて高速通信ができるモードです。

カタログデータの最大値ではなく、実際の主要都市での計測結果を平均化した実効速度でも55~95Mbpsという結果が出ています。

ただし、以下のエリアマップを見るとわかりますが、対応している範囲が狭いです。

情報元のサイトアドバンスモード対応エリア(地図内の青い部分です)

アドバンスモードだと月に7GBの制限がなくなり、実質使い放題になります。

ただし、設定変更を忘れていると適用されないなどの注意点があります。

私は現在、ワイモバイルのアドバンスモード(アドバンスオプション)に加入しているので使えるのですが、これって本当に通信速度は速くなるのでしょうか? これを確かめるため、標準モードとアドバンスモードの速度を実際に計測してきました!結果は意外なものに・・・。

いつものイオンモールでアドバンスモードの速度比較

イオンモール 残念ながら自宅ではアドバンスモードの通信がそもそもできなかったので、近所のイオンモールへ。

家の近くのイオンモールのフードコートは、あまり長時間でなければパソコンを広げてちょっとした仕事もできるので便利なんですよね。

ただ、これは店舗によって対応が違うようです(パソコンや自習などを禁止しているイオンモールもあるようです)のでご注意ください。

アドバンスモードへの変更は簡単な操作でできます(502HW)。

  1. ホーム画面で「設定」をタップ
  2. 「ネットワーク設定」をタップ
  3. 標準モードからアドバンスモードへ切り替える

標準モードとアドバンスモードの速度比較

ではいよいよ速度計測です! いままで計測アプリは「RBB SPEED TEST」を使っていたのですが、今回から「Speedtest」に変更しました。

特に問題があったからではないんですが、Speedtestの方が単純に見た目がかっこよくてわかりやすかったからです。

まずは標準モードの速度からです。

標準モードの速度計測結果

ワイモバイル標準モードの速度

ダウンロード 32.20Mbps
アップロード 23.64Mbps

続いてはアドバンスモード。

アドバンスモードの速度計測結果

ワイモバイルアドバンスモードの速度

ダウンロード 28.84Mbps
アップロード 4.45Mbps

遅なっとるやないかーい! ダウンロード、アップロードともに劣化してますが、アップロードの速度低下が特に顕著ですね。

もちろんルーターやスマホの位置も動かしてないですし同条件です。

う~ん、どこがアドバンスなんだろう・・・というのが正直な印象ですね。

ただ、計測場所が東京や大阪など大都会でなく、エリアマップでは対応済みとなっているもののあまり電波は強くないのではというのは想像できます。

実際、私の家は室内にいるとWiMAXも電波を拾えません。

つまりアドバンスモードのポテンシャルを100%発揮できていない、ということですね。

このデータだけでアドバンスモードは期待はずれ、というのは早計だと思うので、都市部での速度比較もやってみる必要があると感じました。

ネットのワイモバイルの記事に思うこと
ネットでポケットWiFiやWiMAXを紹介しているサイトを見ると、「ワイモバイルはクソ」という論調の記事が多いと思います。 確かに、契約年数が3年だったり、通信制限が厳しかったり、料金が高めなどデメリットが多いのは事実です。 ですが実際に使っているとわかりますが、田舎にいるとワイモバイルは電波の状況がいいことが多いんです。 通信も安定しており、WiMAXを使うとたまに感じるパケット詰まり(アンテナは表示されているのにスムーズに通信できない)のような現象はあまり感じません。 つまり、改善すべきは料金システムや通信制限などサービス面の部分で、電波そのものは決して悪くないと思います。 WiMAXとワイモバイルの両方を契約している立場から見て、どうしてもこのことだけは伝えたかったので書きました。